読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分離不安?

あさっては終業式。

ピカピカのランドレスを背負って迎えた入学式からもうすぐ1年がたつなんて。

 

2学期半ばから突然、毎朝泣くようになった娘。

最初の理由は給食。「給食が食べれるか心配」と。

そのうち、「お母さんと離れたくない」と毎朝泣くように。

学校で何かあったのか心配になり、

毎日先生に連絡帳を書きましたが、学校では楽しそうにしていて問題ないと。

でも、先生も毎日返事を書いてくれて、見守ってくれている様子でした。

 

あまり長く続くので、

「分離不安障害」かな~と思っていろいろと本を読みました。

本に記載されているほど悪い状態ではないとは思いましたが、

私が変わらなければいけないと思いました。

 

とにかく、心配せずに、毎朝笑って送り出そうと。

連絡帳に書くこともやめました。

毎日同じように、笑って

「心配ないよ」「給食は食べれないと思ったら減らしてもらったらいいからね」

「お母さんは変わらずいつも愛してるからね」

って、ぎゅーっとして「いってらっしゃい」と言い続けました。

 

家にいるときは、「抱っこして」と言ってきたら、

必ず「いいよ~抱っこしよう」

「ぎゅうっとして」って言ってきたら、

「よーし、ぎゅうってしよう」

 

そうしているうちに、だんだんと朝泣く回数が減ってきました。

笑っていく日にやったあと~思うと、

次の日にはまた泣いて、え~なんてこともよくありましたが、

そこは気落ちせず、よし、明日も同じ気持ちでと。

 

2学期を終えたころもまだ不安定でした。

ところが、3学期に入ってから好調なスタート。

どんどん表情も変わってきました。

気がつくと、もうずいぶん長いこと泣いてないなと気がつきました。

 

1年生最後の参観日。

娘からの招待状には、

「まいあさ、みおっくてくれてありがとう。おかあさんがまいあさてをふっておくってくれたおかげで、たのしくがっこうにいけてるんだよ。だいすきなおかあさん」

と書いてありました。

涙が、、、

そして、参観日には楽しそうにみんなの前で発表している姿がありました。

 

子どもが不安になるのは当たり前のことで、

親はいつでも笑って、なにがあっても大丈夫だよっていう態度でいることが

大事なんだな~と。

またまた、娘に気付かされました。

ほんとにダメダメな母さん。

 

それにしても、腰痛が、、、

家族で一人、ノロウイルスらしきものにかかって点滴してもらったり。

私はかなりボロボロ~

娘が元気ならそれでよしとしよう。。。